ドリチン サムネ

 

 

どうもこんにちは!

サプリメントリサーチです。

今回は「ドリチン」を改善する方法について解説します。

ドリチンとは

ドリチン

ドリチンとは、亀頭に皮がかぶさっている状態のペ◯スのこと

要するに包茎のことです。

見た目がドリルのような形をしているため、ドリチンと呼ばれるようになりました。

ちなみに日本人男性の7割がドリチン。

実際にイケメン歌手で俳優の福山雅治さんもドリチンだと公言しているんです。

そのため本来ドリチンは恥ずかしくありません。

しかし、私を含めドリチンを恥ずかしがる男性は多い。

ドリチンにデメリットが多いのも事実。

症状によっては手術を要するケースまであります。

全くメリットが存在しない、絶対に治すべき症状なんです。

 

ドリチンの3つの種類とは

ドリチンには「真性ドリチン」「仮性ドリチン」「カントンドリチン」の3種類があります。

以下にそれぞれの特徴を解説していきます。

真性ドリチン

真性

真性ドリチンは完全に皮を被っているドリチンのことです。

真性ドリチンは手で皮を剥いても、亀頭を露出させることができません。

原因としては陰茎を覆う包皮の出口がとても狭いことや、炎症などにより亀頭と包皮がくっついてしまうことが挙げられます。

子供のときは皆、真性ドリチンです。

大半の人は成人するにつれて自然と治っていきます。

しかし稀に成人しても治らないケースがあります。

成人しても真性ドリチンが治らない人は、その後自然に治ることはありません。

治すためには手術などの治療が必要です。

また真性ドリチンは常に皮を被っているので、病気にかかりやすいです。

衛生面的にも良くありません。

真性ドリチンは病気として認められているため、保険の適用が可能です。

病気のリスクも高いので、真性ドリチンの人は早めに病院へ行くことをおすすめします。

 

仮性ドリチン

仮性

仮性ドリチンは手で容易に皮を剥くことができるドリチンです。

日本人に一番多いドリチンですね。

仮性ドリチンは平常時には皮を被っていますが、手で容易に剥くことができます。

また個人差はありますが、勃つことで自然と剥ける人もいます。

手で簡単に剥くことができるので、真性ドリチンとは違い病気のリスクは低いです。

そのため基本的に治療をする必要はありません。

デメリットとしては形が恥ずかしいことや、匂いが臭くなりやすいことが挙げられます。

特に形が恥ずかしいと悩んでいる人が多いです。

銭湯などでは、一時的に皮を剥く「見栄剥き」を行う人もいます。

また手術をして治す人もいるほどです。

日常生活には問題ありませんが、恥ずかしいと感じる人が多いドリチンですね。

 

カントンドリチン

カントン

カントンドリチンは皮を剥こうとすると亀頭を締め付けてしまうドリチンです。

カントンドリチンは包皮口が狭いのが原因で起こります。

包皮口が狭いため、無理やり皮を剥くと亀頭が締めて付けられてしまいます。

そして亀頭が腫れ上がり元に戻せなくなってしまうのです。

そのまま放置しておくと亀頭が鬱血し、最悪の場合ペ◯スが壊死する可能性もあります。

そのためカントンドリチンは非常に危険です。

カントンドリチンになってしまったと思ったら、すぐに病院へ行きましょう。

また皮を剥く時に力が必要だったり、痛みがあったりする場合はカントンドリチンだと疑った方が良いです。

深刻な状態になる前に病院へ行きましょう。

 

ドリチンのデメリットについて

ドリチンであると、どのようなデメリットがあるのでしょうか?

ここからはドリチンであることの、さまざまなデメリットを解説していきます。

銭湯やサウナが恥ずかしい

サウナ

ドリチンは銭湯やサウナが恥ずかしいというデメリットがあります。

銭湯やサウナは自分の裸を晒す数少ない場所です。

やはり男性は皮が完全に剥けているペ◯スに憧れるもの。

皮が剥けている人は堂々と裸を晒すごとができるでしょう。

逆にドリチンを恥ずかしいと思っている男性は多いです。

包茎男性397人を対象とした包茎ラボが行ったアンケートでは、6割の方が包茎にコンプレックスを感じているという結果がでています。

そしてコンプレックスの原因の1位は見た目です。

やはりドリチンの見た目が恥ずかしいと思っている方は、多いようです。

折角リッラクスできる銭湯やサウナも、ドリチンではコソコソしながら入らなければいけなくなるでしょう。

 

恥垢が溜まりやすい

男性

ドリチンは恥垢が溜まりやすいです。

理由としてはドリチンの方のペ◯スは、皮を被っているからです。

皮が剥けている人のペ◯スは、いつも亀頭が露出しているため恥垢が溜まることはそこまでありません。

しかしドリチンのペ◯スは皮を被っている時間が多いので亀頭と包皮の間が蒸れやすいです。

そのため恥垢が剥けている人に比べて溜まりやすくなります。

恥垢は衛生的によくありません。

特に女性と性行為をするときは気をつけましょう。

当然ながら恥垢が良いと思う女性はいません。

大半の人は嫌がるでしょう。

女性に嫌がられたくない人は、定期的に皮を剥いて洗うことをおすすめします。

特に夏場は汗をかきやすいので注意しましょう。

 

匂いが強烈

匂い

ドリチンは匂いが強烈です。

その理由は恥垢が溜まりやすいからです。

ドリチンのペ◯スは亀頭が皮に覆われているため、湿気が溜まりやすいです。

そのため恥垢がたまりやすくなります。

元々ペ◯スは匂いがキツイもの

それに加えて恥垢の匂いも上乗せされると、それはもう強烈なものへと変貌します。

とはいっても普段の生活では、あまり匂うこともないでしょう。

注意したいのは女性と性行為を行う時です。

いくら好きな人のペ◯スでも、匂いが強烈だと大半の女性が嫌な顔をするでしょう。

女性に嫌な顔をされると非常に傷つきます。

自信を失ってしまうこともあるでしょう。

女性に嫌な顔をされたくないドリチンの方は、定期的に洗うようにしましょう。

 

病気になりやすい

男性

ドリチンは病気にかかりやすいです。

理由としては、ドリチンは亀頭が包皮に覆われているので、恥垢が包皮内に溜まりやすいからです。

主にかかる病気が亀頭包皮炎です。

亀頭包皮炎はまさに恥垢が皮と亀頭の間に溜まることで発症すると言われています。

症状としては、亀頭や包皮の赤み、腫れ、痒みや痛みなどが挙げられます。

放っておくと痒みや痛みが増してくるため、亀頭包皮炎かなと思ったら早めに病院へ診てもらうと良いでしょう。

亀頭包皮炎は清潔にすることによって防ぐことが可能です。

そのため定期的に皮を剥いて洗うことが大切です。

またドリチンの人は性病にもかかりやすいと言われています。

理由は普段から亀頭への刺激に慣れていないため、亀頭の皮膚が弱いからです。

亀頭の皮膚が弱いと傷つきやすく、そこから性病になることが多いです。

そのため性行為をするときは出来るだけコンドームを着けて、不特定多数の人との性行為は控えましょう。

 

早漏になるリスクが高い

男性

ドリチンは早漏になるリスクが高まります。

理由は亀頭が皮を被っていることで、亀頭への刺激に慣れていないからです。

ドリチンの人のペ◯スはほとんどの時間、亀頭が皮に隠れています。

そのため亀頭が刺激を受けることがありません。

しかし女性と性行為をする時は、皮を剥いて挿入する必要があります。

普段から慣れていない亀頭への刺激が急に加えられるので、早急に果ててしまうのです。

イランの大学が行った実験では、包茎の治療をした人の95.7%が治療前より射精を上手くコントロールできるようになったと答えています。

この実験結果からも、ドリチンはやはり早漏のリスクを高める要因となっていることが分かります。

 

ED(男性機能不全)になる危険がある

男性

ドリチンはED(男性機能不全)になる危険があります。

特にEDになる可能性が高いのが真性ドリチンとカントンドリチンです。

真性ドリチンとカントンドリチンは亀頭を上手く露出することができないため、性行為を楽しむことが難しいです。

また中折れしてしまう可能性もあります。

仮性ドリチンは性行為を行うのにあまり問題はありません

しかし心因的にEDになる可能性があります。

仮性ドリチンの方は自分のペ◯スに自信を持てない方が多いです。

そのため「女性に自分の性器を見せるのが恥ずかしい」「女性を満足させられるのかな?」といった不安に繋がります。

このようにドリチンは物理的と心因的、両方でEDとなってしまう危険があるのです。

 

ドリチンを治す方法をご紹介

ここからはドリチンを治す方法を紹介していきます。

絆創膏

絆創膏

絆創膏を貼ることでドリチンを治せる可能性があります。

非常にやり方は簡単で、皮を剥いて包皮に絆創膏を貼るだけです。

絆創膏を貼ることで、亀頭の露出を維持させることができます。

しかしこれは仮性ドリチンにのみ有効な手段です。

真性ドリチンの方はカントンになるなど、とても高いリスクを伴いますので止めておきましょう。

注意点としては貼り忘れをしないことです。

この方法は長期的にドリチンを改善する方法になります。

そのため毎日の積み重ねが必要です。

外出する時に絆創膏を貼り忘れると積み重ねたものが消え去ってしまいます。

忘れないように絆創膏を持ち歩くと良いでしょう。

また絆創膏を貼っているのがバレるという危険性もあります。

銭湯などはもちろんのこと、トイレでも人に見られないように注意しましょう

 

アイプチ

アイプチ

アイプチを使用することで、ドリチンを治せる可能性があります。

アイプチは絆創膏の時とは違い、他の人に見られても、アイプチの使用がバレないというメリットがあります。

そのため温泉やサウナでドリチンがバレたくないという方には非常に有効な手段となるでしょう。

しかし注意点もあります。

それはペ◯スが勃つと、アイプチが外れてしまうこと。

アイプチが外れてしまうと、当然のことながらドリチンがバレてしまいます。

またアイプチの使用もバレてしまうでしょう。

ドリチンとアイプチ使用、恥ずかしいことが2重でバレてしまうため、勃ちには十分注意しましょう。

またアイプチの改善方法は長期の時間を要します。

とても根気のいる作業なので挫折する人も多い改善方法です。

 

専用の器具を使う

包茎治療器具

専用の器具を使用することで、ドリチンが治る可能性があります。

ドリチンには専用の矯正器具があります。

真性ドリチンを治す専用の器具では、ペンチのような形をした器具を使います。

器具を握ることで先端部分が開く仕様になっています。

真性ドリチンの原因は包皮口が狭いこと。

この器具を皮の中に入れて広げることによって、少しづつ皮が伸ばされるという改善方法です。

少しづつ皮を伸ばしていくため、すぐに真性ドリチンが治るわけではありません。

また痛みを伴うこともあります。

しかし使い続けていれば、確実に皮を伸ばすことができるでしょう。

結果、ドリチン改善の効果にも繋がります。

こちらも根気のいる作業となります。

ドリチンを治すんだという強い気持ちが大切です。

 

包茎リングを使う

コックリング

包茎リングを使うことでドリチンが改善する可能性があります。

包茎リングは、皮が亀頭に戻ってしまうのを防止するアイテムです。

剥き癖がつくため、徐々にドリチンが改善されていくでしょう。

値段も1,000円前後のものが多く、安いものが多いです。

種類も沢山あります。

しかし自分に合ったものを選ばないと外れやすくなり、効果が期待できません。

また伸縮性のない器具を使用すると勃った時にペ◯スが締め付けられることがあるので注意が必要です。

購入するときには自分に合ったアイテムなのか、よく吟味してから購入しましょう。

 

手術を受ける

手術

手術を受けることでドリチンを改善させることができます。

この方法は今回紹介した改善方法の中で、一番確実な方法です。

手術内容としては包皮を環状に切って露出させる方法が一般的です。

値段はドリチンの種類にもよりますが、10〜20万円します。

高い料金がかかりますが、確実にドリチンを治すことが可能です。

注意点としては傷跡が残る可能性があるということ。

手術の内容によっては傷跡が残ってしまい、手術跡が目立ってしまいます。

そうならないためにも、しっかりとカウンセリングは受けましょう。

どの程度、傷跡が残るのかしっかりと聞くことが大切です。

また複数の病院でカウンセリングも受けると良いでしょう。

ほとんどのところは無料でカウンセリングを行っています。

自分の納得するところで必ず手術を受けるようにしましょう。

手術というと抵抗を感じる方もいると思います。

また怖いと感じる方もいるでしょう。

しかし確実に治したいんだと考えている方には、一番おすすめの方法となります。

 

下半身を増大させる

筋トレ

下半身を増大させることで、ドリチンが改善する可能性があります。

下半身を増大させると、亀頭が大きくなります。

亀頭が大きくなることによって皮がカリで止まるため、仮性ドリチンが治る可能性が高いんです。

下半身を増大させる方法には食べ物や運動、チントレを行うなど様々な方法があります。

下半身を増大させる詳しい方法が知りたい方は、ぜひ下記の記事を参考にしてみてください。

 

ドリチンは改善することができる

ドリチンはさまざまなデメリットがあります。

危険なデメリットである場合もありますし、日常生活には何ら問題のないデメリットもあります。

どちらにしても本人にとっては深刻な問題になっているでしょう。

しかし、本記事で紹介したことを実践すれば改善することが可能です。

大切なのは諦めずに頑張ること。

根気強く続けていけばドリチンは改善できます。

諦めずに頑張っていきましょう。

 

 

 

おすすめの記事