性欲 サムネ

 

 

どうもこんにちは!

今回解説するのは「性欲を抑える方法」。

性欲が強すぎると日常生活に様々な支障をきたします。

強すぎるムラムラ感に悩まされている方は、ぜひ参考にして下さい!

性欲が強いことのデメリット

まずは、性欲を抑えられないことのデメリットを説明しましょう。

仕事や勉強に集中できない

男性

性欲が強いと仕事や勉強に集中できず日常生活に支障を来してしまいます。

性欲は人間の三大欲求の一つでもあり、性欲があることは恥ずかしいことではありません。

しかし、性欲があまりにも強い、欲求不満だと性的な妄想ばかりしてしまいます。

そのため、大事な試験の前や仕事中に集中力が削がれ邪魔になってしまうのです。

性欲が強すぎると、日中のパフォーマンスを著しく下げてしまうわけです。

 

性欲処理に時間を取られる

性欲

性欲が強すぎると性欲処理に時間を使いすぎてしまいます。

ほとんどの男性は自慰行為をおこなう習慣がついています。

人によって頻度はさまざまですが、月に1回しかおこなわない人。

多い人では毎日おこなう習慣がついている人、1日に2〜3回おこなう人もいます!

1回の自慰行為に費やす時間は、オカズのセクシービデオを探す時間も含めると30分〜1時間費やしている人が多いです。

「いいオカズを探していたら気づけば2時間経っていた!」

このような経験のある男性は少なくないでしょう。

「日々の性処理の時間を他の時間に使えたら...」と自責と後悔の念にかられるのです。

 

モテない

男性

性欲が強いと下心が丸見え。

そんな状態では異性にモテるはずがありません!

最低限の性欲はフェロモンとなり異性に魅力として映ります。

しかし会話していてムラムラしている、性の対象として自分を見ていると感じた時、相手はどのような気分になるのでしょうか?

異性としてNGを食らうのは一目瞭然。

何より、仕事や勉強という大切なプロセスを疎かにして、性欲処理ばかりしている男性がモテるはずがありません。

性欲が強く、性のことしか考えられない男性はモテないのです。

 

性欲が強い原因ってなんなの?

テストステロン

性欲の源は「テストステロン」。

テストステロンは男性ホルモンの一種です。

テストステロンは筋肉の増加や活力など男性のあらゆるパフォーマンスに関係しています。

そして、このテストステロンこそが性欲を発生させている根源なのです。

思春期の時期にムラムラするようになったり、日常的に気づけば勃っているといった著しい性への関心はテストステロンの分泌が多くなるからです。

つまり、性欲が強いのは、テストステロンの分泌量が多いことが原因なんです!

実際に性欲の強化効果がある精力サプリはテストステロンの分泌促進効果がありますからね。

 

精力サプリについての記事はこちら ▼

ランキングトップページ

性欲を抑える方法をご紹介

さて、ここからは性欲を抑える方法をご紹介しましょう!

漫画や本などで気をそらす

男性

性欲を抑える方法の一つは「漫画や本などで気をそらす」ことです。

漫画や本の世界に没頭していると性的なことを考えることもなく時間を過ごせます。

しかし漫画や本にムラムラする要素が入っていたら元も子もありません。

漫画や本は性的な要素がない本を選びましょう。

特にビジネス書は性的要素は皆無

頭を使い活字を追っていくので性欲逃避には最適な書物だといえます。

 

食事制限をする

食事

食事制限をすることによって性欲を抑えることができます。

何故なら性欲の源であるテストステロンは食事内容によって大きく変動するからです。

テストステロンを増やす食材は脂質やタンパク質が多く含まれる肉類などが挙げられます。

一方で食材の中にはテストステロンの分泌を抑える成分も存在します!

冷凍食品やファーストフードに含まれる「トランス脂肪酸」は性欲を抑える効果があります。

トランス脂肪酸は精子の生成を妨げる効果も発揮するのです。

ミントに含まれる「メンソール」はテストステロンの分泌を妨害して性欲低下。

メンソールのタバコを吸っていれば不能になると都市伝説で噂されているのもこれが要因でしょう。

また、大豆に含まれる「大豆イソフラボン」を実際に被験者に3ヶ月間、60mg摂取させる実験をおこなった結果、遊離テストステロンの値が低下しました!

つまり肉類中心の食生活を避けて、野菜中心の食生活に変えればテストステロンの分泌を抑えられるのです。

食事内容を変えて制限することで性欲を抑えられるでしょう。

 

運動をする

男性

身体を極限まで疲れさせて性欲を抑えることができます。

激しい運動をすることによって身体はヘトヘトに疲れさせます。

テストステロンは筋肉増加にも作用する男性ホルモン。

テストステロンを運動によって損傷した筋肉を再生させるために多く使うことでムラムラ感を抑えられるのです!

実際にアメリカの大学研究チームが成人男性1,100人を対象に調査しました。

その結果、軽度〜中程度の適度な運動をする男性に比べ、激しい過度な運動をする男性のほうが性欲が少ない調査結果が判明しています!

激しい運動によって身体を疲弊させて性欲を抑えましょう!

 

部屋の模様替え

部屋

部屋の色を青や緑にすることで性欲を抑えることができます!

人間の脳は色によって感情に作用する働きがあるのです。

性欲が強くなる色としては「赤」。

赤色には興奮作用があり、攻撃的、積極的な感情になるため性欲が増します。

闘牛のマントも興奮作用のある「赤」を使用してますよね。

逆に性欲を抑える色としては「青」や「緑」が挙げられます

冷静になる色、心が穏やかになる鎮静作用がある色です。

部屋の色を「青」や「緑」などの寒色を中心として観葉植物などを置いておけば性欲を抑えられるでしょう。

 

毎日時間を決めて出す

時計

性欲を抑える方法として一番効果があるのは、やはり出してしまうことです。

ただ無闇に性欲のまま出すのではなく「この時間に何回出す」とスケジュールを立てることが大切。

欲望のままに性欲処理をするのでは時間も無駄に費やすことになり勿体ないです。

短時間で出してスッキリするスケジュールを組んでおけば、1日のタイムスケジュールを他の時間にも使いやすくなるでしょう。

毎日出す時間を決めておいて効率的に性欲処理をしましょう。

 

やるべきことを沢山作る

男性

性欲を抑えるには日常を多忙にすることをオススメします。

性処理に時間を使ってしまうのは、単純に時間が有り余っているからです。

毎日やるべきことに追われていれば、性欲に気を取られることもありません。

オススメなのは、バイトや習い事、資格の勉強で毎日を忙しくすること

ポイントは期限を決めて目標をたてることです。

目標に向かって逆算でスケジュールを立てて実践することで、性欲を気にする余裕を無くすのです。

 

家族のことを考える

男性

家族の顔を思い浮かべると性欲を抑えることができます。

家族の顔、両親や兄妹、祖父母の顔を思い浮かべるとどれだけ興奮している状態でも性欲が急激に無くなるでしょう

性欲と家族は相容れぬ存在。

家族の前で性欲処理ができないように、家族を思い浮かべることによって罪悪感と羞恥心に駆られます。

性欲が高まっている時には、家族団らんの風景を鮮明に思い浮かべることが性欲を抑えるポイント。

家族を思い浮かべて性欲を抑えてみましょう。

 

女性の更年期サプリを飲む

サプリメント

女性用の更年期サプリを飲むことによって性欲を抑えられる可能性があります。

更年期サプリには女性ホルモンを増やす作用があるのです。

人間のホルモンは男女関わらずに男性ホルモンと女性ホルモン両方を併せ持っています。

性欲の強さに関わるのは男性ホルモン。

女性ホルモンの割合を増やすことで男性ホルモンの割合を減少。

男性ホルモンの割合を下げることで性欲を低下させるのです!

しかし、更年期サプリに含まれる大豆イソフラボンには男性ホルモン減少効果が無いと否定的な研究結果も存在します。

そのため期待しすぎには注意が必要です。

 

忙しく生活すれば性欲は気にならない

性欲が邪魔に感じてしまう、性欲処理に時間を費やしてしまうのは時間が余っていることが原因です。

身体は元気なのに、時間を持て余しているから性的なことを考えたり性欲処理に勤しんでしまうのでしょう。

元気な身体を身体を疲労させて生活習慣を改善することが性欲を抑える第一歩。

時間を持て余さないためにも仕事や勉強、趣味などによって毎日を充実させて忙しくしましょう。

この記事を参考にして、性欲を抑えて毎日の時間を有意義に使ってみることをオススメします。

 

 

 

 

おすすめの記事