精子 サムネ

 

こんにちは!

サプリメントリサーチのショウジです!

今回は精子を増やす方法について解説します。

妊活中の男性はぜひ参考にして下さい。

精子の構造と作られるメカニズム

精子

まずは精子について紹介しましょう!

精子はおたまじゃくしのような形をしていて、体の構造は頭部・中部・尾部の3つ。

頭部にはDNAの核があり、遺伝情報が含まれています。

中部に含まれているのは精子の運動に必要なミトコンドリア

精子が尾部を動かしてウヨウヨ移動できるのは、ミトコンドリアの働きなんです。

そして、精子が作られているのは精巣管と呼ばれる器官。

この中で無数の細胞分裂を引き起こして生成されているんです!

およそ74日かけて精子が作られる数は、なんと1億2000万個...

さらに、1回の射◯で放出される量は約3億個もあるんです!

ただし、あくまで平均的な値なので、個人差はあります。

例えば、作られる精子の量が少ない人もいるんです。

主な原因としては、食生活による影響や年齢による体の衰えによるものです。

精子の量が少ない人は改善する必要がありますね。

精子を増やす方法をカテゴリー別に紹介

ここからは、精子を増やす方法をカテゴリー別で見ていきましょう!

外的要因の改善編

まずは外的な要因を改善することで精子を増やす方法です。

方法1.ブリーフは履かない

男性

ブリーフを履いてしまうと精子が減少すると言われています。

なぜなら、ブリーフは密着度が非常に高く、睾丸を温めてしまうからです。

前述の通り、精子は精巣で作られています。

精巣は34度を超えてしまうと急激に働きが弱くなってしまいます。

精巣の働きが弱まると、精子が生成しづらくなり、質の低下や減少の原因につながるのです。

実際にイギリスの大学が精子の量について研究したことがあります。

すると、ブリーフの男性はトランクスの男性に比べて精子が少ないことが確認されました。

これらの実験から、精子の質や量を増加させるためにはブリーフではなく、トランクスを履くが有効的であることが分かります。

すぐに実践できるので、是非試してみましょう。

 

方法2.長時間の入浴やサウナを控える

サウナ

長時間の入浴やサウナも精巣を温めることから精子を減らす原因となります。

カリフォルニア大学では11人の不妊症状のある男性にとある実験をおこないました。

実験の詳細は、温かい湯船につかることや温水のシャワーを控えさせて精子の量を観察するという内容です。

その結果、驚くことに精子の量が通常の5倍にも増えたことが確認されました。[参考]

最近ではサウナや温泉巡りが趣味とする男性も増えています。

しかし、その中で不妊症状に悩まされている方がいるのであれば控えるようにしましょう。

私生活で睾丸をできるだけ温めないという意識が重要です。

 

方法3.タバコをやめる

喫煙

喫煙は精子にとって非常に悪影響をもたらします。

ヨーロッパの泌尿器科学会の雑誌に掲載された精子と喫煙にまつわる論文があります。

論文には、喫煙によって精子の数の減少や精子の運動率の低下、正常精子形態率の低下がみられたという内容でした。

また、1ml中の精液に含まれる精子数においては、喫煙者の方が非喫煙者に比べて972万個も少ないという報告もあります。

喫煙は精子の数に悪影響を及ぼすだけではありません。

子供が生まれてからも副流煙などで病気を患う可能性もあります。

もし、あなたが喫煙中で不妊に悩まされているのであれば、この機会をキッカケに禁煙するようにしましょう。

 

内的要因の改善編

ここからは内的な要因の改善によって精子を増やす方法です。

方法4.十分な睡眠を取る

睡眠

睡眠不足は精子量の減少や質を著しく低下させる傾向があります。

睡眠不足になってしまうことで体内に活性酸素が蓄積されるようになります。

活性酸素とは通常の酸素よりも過敏に反応する酸素のことです。

活性酸素は精子にダメージを与えてしまうのです。

実際に中国第三軍医大学の研究グループが睡眠時間と精子について実験をおこないました。

すると、睡眠時間が7〜7.5時間の男性に比べて、6.5時間以下の男性は精子の量が25.7%も低いことが確認されたのです。

また、睡眠時間が9時間以上超えても精子の量が低いことが確認されました。

そのため、睡眠時間が長すぎず短すぎない適度な睡眠時間をとるようにしましょう。

7〜8時間くらいを確保するのがベストです。

 

方法5.筋トレなどの運動を行う

筋肉

運動は精子にも重大な役割をもたらします。

運動不足になってしまうと、精子の数が減少し、質も低下してしまいます。

なぜなら、運動が不足してしまうと男性ホルモンであるテストステロンが減少するからです。

テストステロンは性欲や男性器の他に精子の形成にも密に関わっています。

そのため、テストステロンが減少してしまうと比例して精子も少なくなってしまうのです。

スポーツマンは日頃から運動しているため、性欲が強いと言われています。

精子を増加させるためにも運動をすることは非常に重要なのです。

可能であれば、週に3回くらいを目安に息切れするくらいのジョギングを30分程度おこなうといいでしょう。

忙しい場合には、自宅でできるスクワットなど大きな筋肉を鍛える筋トレがおすすめです。

 

方法6.毎日出す

性欲

毎日射○することによって、精子の質や量は向上していきます。

常に新しい精子が作られて更新されるようになります。

毎日の射◯は、精子の生成能力向上にもつながってくるのです。

たまに禁欲をすると精子が増えるという話がありますが、あれは間違いです。

1週間以上射◯をしないと、精液中の死滅精子など不良精子の割合が増加します。

これが不妊の原因にもなるのです。

また、禁欲しても精子が増えることはありません。

精子は毎日精巣で生成されているからです。

そのため、禁欲をしてしまうと古い精子がどんどん溜まってしまいます。

活発的な精子の方が妊娠する確率も高いので、毎日射◯をおこなうようにしましょう。

毎日射○するのが難しい人は、最低でも週に1度はおこなうことをおすすめします。

 

栄養の摂取編

ここからは、栄養の摂取で精子を増やす方法をご紹介します。

方法7.食事の栄養バランスを整える

栄養バランス

精子を増やすには栄養バランスの整った食事をとることは必要不可欠。

偏った食生活も精子の量や質の低下につながります。

コンビニの弁当やカップ麺などしか食べていない人は非常に不健康です。

不健康な状態では正常な精子の形成も難しいのです。

まずは主食・主菜・副菜・汁物の一汁三菜を心がけるようにしましょう。

また、精子の形成に必要な亜鉛やビタミン、ポリフェノールなどが含まれている食材を積極的に摂取すると尚良いです。

具体的な食材や調味料は以下の通りになります。

・オリーブオイル

・ナッツやアーモンド

・野菜

・果物

・豆

逆に、脂身が多く加工された肉やお菓子、糖分の高い飲料などは精子の質や量を減少させます。

これらを避けて、健康的で栄養バランスの摂れた食事を心がけましょう。

 

方法8.サプリメントを飲む

サプリ

サプリメントを飲むことによって量の向上を期待することができます。

前述の通り、食事から栄養を摂取することはもちろん大切です。

しかし、現代では共働きなどの家庭も増えてきており、自炊する時間が取れないこともあります。

そのため、食事から全ての栄養を補うのはなかなか難しいと言えるでしょう。

サプリメントの場合、普段の食生活では摂取するのが難しい栄養も摂取することができます。

料理を作るなどの手間もかかりませんし、場所を選ばず栄養を補充できるので非常に便利です。

サプリメントは精子を増やす方法としても一番有効的かつ、効率的な方法と言えるでしょう。

精子を増やす効果も期待できる精力サプリのランキングページはこちらをご覧ください。

ランキングトップページ

精子を増やすには地道な努力が必要

精子を増やすためには、適度な睡眠時間の確保や禁煙、筋トレなどをする必要があります。

健康意識を高めて現状の生活習慣を改善しなければ精子を増やすことができません。

地道な努力こそが精子を増やすための第一歩となるのです。

しかし、人によってはどうしても仕事が忙しくて生活習慣をなかなか改善できないという場合もあります。

また、なるべく早く精子の量を増やしたいと思う人もいるはずです。

そんな時にはサプリメントを飲みましょう。

サプリメントは豊富な種類があるので、自分に足りていない栄養素を補うことができます。

料理のように作るという手間もないので、忙しい人にとっても非常に便利です。

また、生活習慣の改善と組み合わせれば急速に精子を増やすことができます。

是非試してみましょう。

おすすめの記事